土手

みんな集合だよ~

電車に正解がぶら下がっているのはなぜか

電車の吊革にはなぜ“正解”がぶら下がっているんだろうか。

 

 

f:id:inu_kiss_november:20181120193308j:image

 

たくさんの正解が並んでいるのを見ると、少し不気味にも思えてくる。

これは、座っている人が正解したのか、それともつかまっている人が正解したのかの判別が付かない。そこで、自席から立ち上がり、車掌さんに聞きに行ってみた。

 

「あの…どうして電車内に“正解”がたくさんぶら下がっているんですけど、座っている人と立っている人のどっちが正解なんですか?」

 

 

「あれは、“正解”じゃなくて、つり革だよ」

 

 

 

 

全くもって意味がわからない。

つり革?なんだそれは。正解にしか見えないではないか。もしかして、この車掌さんは学生時代、成績が良くなかったのかもしれない。×ばかりもらっていたために、正解の存在を知らないのだ。そうに違いない。私は事情を察すると、「まっ!いいことありますよ」と言って、車掌さんの肩を叩き、自分の席に戻った。

 

 

 

戻ってみると、私が元々座っていた席に知らない誰かが座っていた。

これは、おかしい。

なぜなら、先ほどまで私が座っていたのに、他の誰かが座っているのだから。これは不正解だ。私が座るのが正しい。

 

バッ!と上を見上げて正解が不正解になっていないか確認してみたが、依然正解は正解のままであった。

なるほど。これは座っている人を判別しているわけではなさそうだ。目の前に座っているこの男が正解なわけがないのだから。

 

となると、考えられるのは正解に正対している立っている人だろうか。しかし、立っている人の何が正解なのだろうか?疑問を感じた私は、また車掌に聞きに行った。

 

 

「あの、座っている人の正解ではないことは分かったんですけど、立っている人は何に正解したんですか?」

 

 

「うわっ!また来たのアンタ!?さっきから訳の分からないことばっかり言って!だから、あれは正解じゃなくて、“つり革”って言うの!!」

 

 

 

「・・・失礼ですが、車掌さんは学生時代成績が良い方でしたか?」

 

 

「なんだよ!急に!うーん、そんなに良い方ではなかったよ」

 

 

「やっぱり・・・」

 

 

「何がやっぱりだよ!!仕事の邪魔だから早く帰ってくれ!!!」

 

 

 

追い出されてしまった。

車掌の学生時代のGPAが悲惨だったことは確定したとして、大量の正解が何を意味しているのかは分からないままだ。“TURIKAWA”とかいう謎の呪文を唱えていたが、何かの暗号だろうか… 

 

TURIKAWA、TURIKAWA、、、

並び替えてみるか。

 

 

AWAKIRUT 淡きルーツ 

違う、なんだその良さそうなルーツは。

 

 

TIWAKUA 血沸くあ

だめだ、何を言ってるのか分からない…

しかし、正解に近づいていっている気がするぞ…

 

TIWA、WAKUA、TIKU、TIKUWA・・・・・・!!!!!!!!!!!!

 

TIKUWAI  ちくわ〜い!!!

確かに!!!ちくわは美味い!!なるほど!そういうことだったのか!!!

 

むっ!!アッ!!これはもしかして、、、

Wをひっくり返すと、

 

 

TIKUMAI ちく(わ)美味い!!

なんてこった!!ダブルミーニングだったとは!!よーし、これで暗号は解けたぞ!!

どうだまいったか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何一つ解決していない。

一体、ちくわが美味いからなんだというのだ。

なんだったら私はちくわぶの方が好きだ。

くそっ、あんな練り物のせいで時間を取られた。

 

 

 

次は〜新宿〜新宿〜

 

 

 

おっと、乗り換えをしなければ・・・

それにしても、どうしてなんだろうなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

あっ!!!!!

こっ、、、これは・・・・・・!!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:inu_kiss_november:20181120202754j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、こんな所におにぎりがあるんだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!